2018ロシアW杯の会場:カリーニングラード・スタジアム

カリーニングラード

建設期間:2018年(2015年起工)

収容人数:35,000人、25,000人 (W杯終了後)

所在地:ロシア・カリーニングラード州の州都カリーニングラード

カリーニングラード・スタジアムは、ワールドカップの新築会場の一つですが、起工の順番は最後です。しかし、このスタジアムがわずか2年で立ち上がり、基本的には2017年末までに完成しました。

カリーニングラード・スタジアムはロシア・カリーニングラード州の州都カリーニングラードに建設中の35000人収容のスタジアムです。ピッチは=SISGrass(シスグラス)を採用しました。大会後はバルチカ・カリーニングラードの本拠地となる予定があります。

 

2018 FIFAワールドカップをロシアで開催する為に作られたサッカースタジアムの一つであるカリーニングラード・スタジアムの利用状況は下記通り。

2018年6月16日 21:00 クロアチアVSナイジェリア

2018年6月22日 20:00 セルビアVSスイス

2018年6月25日 20:00 スペインVSモロッコ

2018年6月28日 19:00 イングランドVSベルギー

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です